オランダ在住者が伝える!海外移住を計画して大切にしたこと①海外移住の理由


こんにちは!

オランダに住むなほこです。

まず今日は日々の感謝をお伝えしたいと思います。

配信している記事の総PV数は

10万人を超え

現在ツイッターのフォロワー数は

800人を超え

ブログをこちらに引っ越してから

1000人以上

の方に読んでいただき

ツイッターやブログを通して今まで多くの方々に質問をいただきました。

本当にありがとうごございます!

オランダに興味がある方や海外移住を実現されたい方からの質問も多くいただき私の回答が少しでもお役に立てればと思っています。

2017年もオランダ情報を配信していきますのでよろしくお願い致します!

 

今回は

主に海外長滞在・移住を考えている方へ

私の現在の生活や過去の体験をふまえて

海外移住を実現するために大切なこと

いくつかに分けて紹介できたらと思います。

留学を検討されている方にも役立てていただけたら幸いです。

1回目の今日のテーマは

 海外移住の理由 

 

です。

海外移住の理由

 

海外移住の理由については皆さんそれぞれお持ちだと思います。

 

私の理由は彼と一緒に住むことでした。

 

私自身何人もの方に

なぜオランダに住んでいるのですか?

ということを聞かれます。

彼と一緒に住みたかったからですと答えると

いいですね!という方もいますが

中には驚かれる方もいました。

 

私の意見ですが海外に住みたい理由に不正解はないと思います。

どんな理由でも海外に住むことができるからです。

ただ私の経験上でもお勧めなのは

自分が納得できる理由を持つこと

 

です。

 

自分が納得できる理由ってどういうこと?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

より詳しく解説していきますが

はじめに海外移住をする人について少し考えてみたいと思います。

海外移住をしている方ということを思ったとき皆さんはどんな方だと思いますか?

・裕福な人

・英語上級者で現地語も話せる

・現地で仕事をしている

・外国人と結婚している

上記に挙げた理由は私自身が日本に住んでいた時に海外移住をされている方をイメージして思ったことです。

同じように思っている方もいらっしゃると思います。

 

結論からいうと私自身は上記のキーワードは1つも当てはまりません。

オランダに住むまでに彼と出会い彼が日本にいる間にデートいた時と約2年間の遠距離生活をしていた間の会話やオランダに移住してからの生活で英語は使用しています。

しかし

TOEICは1度も受けたことがなく英検は準2級を持っていますが2級が3回落ちました(^^;

なので試験の結果や語彙力を考えると英語上級者ではありません。

 

現地語を話せたわけでもありません。

日本でオランダ語のテキストは購入しましたが中々勉強できず。。。

実際にはオランダに来てからオランダ語を勉強し始めました。

そんな私がオランダに住めているのは自分が納得できる理由があったからこそです。

 

もちろん理由だけではなくビザの条件や経済状況などもあり総合的な結果でオランダに住めています。

今回は理由に特化して紹介します。

私のビザ(パートナービザ)のことや金銭や必要条件等についてはお問合せフォームよりご質問していただけます。

お気軽に聞いてください。

海外移住の相談フォーム

自分が納得できる海外移住の理由

 

 

海外移住で自分が納得できる理由

海外移住を考えるとき大切なことであり

私がオランダに暮らすためにも大切にしました。

 

海外移住の理由を考えるとき自分が納得できるというところが大切です。

つまり自分が納得できていれば他の人が

驚くような理由反対される理由

でも良いのです。

 

私の理由は彼と一緒に住むことです。

誰かと一緒に住むために海外に暮らすということが理解できない人もいるかもしれません。

誰かに理解されないと海外移住はできないでしょうか?

そんなことはありませんよね。

私が移住できたのは理由を他の人がどう思うかということを意識しなかったからです。

 

海外移住を考えるとき

仕事でのキャリア チャレンジ 自己成長 勉強 

それぞれ理由があると思います。

私のように恋人との同棲という方もいらっしゃると思います。

理由はそれぞれですよね。

 

海外移住をしたいけれど一歩が踏み出せない方の共通の1つが海外移住の理由です。

私が海外移住に関してご質問を受けアドバイスさせていただく中で見えるのは

理由が十分ではないという気持ちの方が多いことです。

確かに理由はとても大切だと思います。

理由があることで行動へも移せます。

家族、友達、職場での説明での理由は必要となります。

 

十分な理由とはどなたが判断するのでしょうか?

両親ですか?上司ですか?友達ですか?

私は

判断するのは自分自身だと思います。

 

海外で生活するということは日本では想像できないようなことも起こります。

日本とは全く違う世界が広がる中で長期滞在や海外移住で生活していくということは簡単なことではありません。

ですが理由が明確にあり自身が納得できているからこそ現地で起こる出来事や驚きも受け入れることができています。

 

海外移住を考えた時自分自身が納得できる理由を持っているかどうか

1度考えてみてくだしさい。

ご自身の理由が他人から見たらどう思われるかという気持ちは持つ必要はありません。

もしどうしても気にしてしまうのであれば海外移住を延期されるか考え直された方が良いかもしれません。

家族や友達や海外移住を経験されている方への相談は必要なこともあります。

私自身も相談しました。

そして

最終的な判断は自分でしました。

移住への不安はあり移住理由に迷いがなかったわけではありません。

それでもオランダでの生活を選んでよかったと思います。

このように思えるのは

自分の理由を納得して行動できたからです

どうしても判断が難しい場合はどうしたらよいでしょうか?

2つの選択肢を心の天秤にかける

家族や友達に海外移住について話しすべて納得してもらえないこともあります。

反対されている方も多いかもしれません。

その時に私がよく使う方法は2つの選択肢をを天秤にかけることです。

この場合は自分が納得できる理由反対されている理由天秤にかけます

どちらがご自身の人生や気持ちにとって重要なのかということを計ります。

ここで大切なのは

・100か0でなくても良い

・どちらも間違えではない

という2つの考え方です。

100か0でなくても良い

自分が納得できている理由が反対されている理由を上回っているのであれば行動できます。

私自身すべての人に理由を賛成されていなくてもオランダへ来ました。

海外移住を考えるとき行動しやすくするために大切なことは

誰に納得してもらいたいかを明確にすることです。

天秤にかけるときの意識にも繋がります。

仮に家族と数人の友達にわかってもらえることで移住ができるとなれば

説得が必要な相手が明確となり判断もしやすくなります。

どちらの結果も間違えではない

2つのことを天秤にかけ計り結果が出ます。

中には海外移住ができないという結果の方もいるかもしれません。

海外移住を考えた結果

海外移住できたら良し

海外移住できないと駄目

というような考え方になってしまう方もいるかもしれませんがそれは違います。

2つの選択肢を考えて結果を出しただけです。

海外移住を選択された方はその答えがご自身にとって正解です。

海外移住を選択しなかった方はその答えがご自身にとっての正解です。

 

人間は日々多くのことを判断します。

海外移住に限ったことではありません。

私が意識したのは海外移住したいか・したくないかという気持ちでした。

その気持ちを天秤にかけてしたいという気持ちが重かったので行動しました。

この方法は海外移住の判断だけではなく様々な判断で役に立っています。

ぜひ試してみてください!

最後に

 

私がオランダ移住を考えて実行した時に意識した言葉です。

最後に決めるのは自分と思える原点として

海外移住の理由が自分が納得できるかどうかを大切にしました。

簡単な行動ではありませんが自分で決めて行動したからこそ現在オランダに住めています。

これからもオランダの生活や私自身の経験を紹介できたらと思います!

オランダ情報配信しています!

THE RYUGAKU
http://ryugaku.ablogg.jp/user/895/
タビテツマガジン
https://magazine.tabitatsu.jp/articles/author/nahoko_endo
パートナービザ取得の流れ
http://ameblo.jp/ibunkakouryu/entry-11980119268.html
Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC8lnRuXGEnN21w3wBS8NhCA
ツイッター
https://twitter.com/Naho62?lang=ja
インスタグラム
https://www.instagram.com/nahoko775/?hl=ja

 

 

オランダ在住者が伝える!海外移住を計画して大切にしたこと①海外移住の理由」への2件のフィードバック

  1. チャキ のコメント:

    なほこ様

    オランダでの住居探しについて、調べていたところなほこ様のブログにたどり着きました。
    以前使用されていたブログ内でアムステルダムでの住居探しのコツについて読ませていただき、大変参考になりました。

    ご多忙の中、恐縮ですが質問させていただきます。
    私は6月中にオランダへ行き、個人事業主として申請を行いながら住居探しを行う予定です。
    ネットでの情報では、ビザ申請の際住居探しが最重要課題とのことで早めに決めた方が良いとのことですが、仮に住居が決まった後実際入居できるのは大体何日後(何週間後)くらいになるのでしょうか?

    また住居探しにかける日数は、何日くらい予定しておけば良いと思われますか?
    (早い方は数日でみつかるかと思いますが、なほこ様の感覚では、アムステルダムで一人部屋を探す際何日くらい余裕を持って探した方が良いと思われますか?)

    最初は固定費を抑える為に、可能であれば500€前後のシェア物件をと考えております。

    お手数おかけしますが、返信の程よろしくお願いいたします。

    • Nahoko のコメント:

      チャキ様

      この度はご質問していただきありがとうございます。
      住居探しは地域や家賃相場、空室等があるので絶対の日数は言えません。

      何日かですぐ決まるという方もいらっしゃるかもしれませんが最短でも1ヵ月か2ヵ月は見ていただくと余裕を持っていただけるかと思います。
      仮に1ヵ月かかったとしたときに決まるまでの滞在場所も考えていただく必要があります。

      私の知っている日本人の方では日本にいらっしゃるうちにエージェントにお願いして家を探してもらいオランダに来たらその住所でそのまま個人事業主ビザを取得した方もいます。
      一方でまず下見でオランダに来られて2週間もしくは3週間家だけを探されている方もいらっしゃると聞きます。

      エージェントに頼むと時間は短縮できますが実際に家をみないで契約するのでそのリスクはあります。

      家具なしの家もあり着いてからベッドなどを注文されるとその数日間ベッドなしの生活となります。

      ご自身で探す場合Facebookやサイトによっては詐欺もあるのが実情のようです。
      詐欺じゃなくても契約書をしっかり確認していただく必要があります。

      個人で探される場合に日本に滞在されている時からサイトで家を探していただけるので到着日程が決まっていらっしゃる場合内見の予約まで取っていただくといいと思います。
      オランダの会社では英語も通じるのでメールでのやり取りもできます。日本と違い実際に不動産屋さんへ行くのではなくサイトやメールでのやり取り後に内見の家で待ち合わせるということもあります。
      例えばオランダ掲示板でも日本人の方で貸せる部屋ありますという投書もあり住所登録可の部屋もありました。
      不動産屋さんのやり取りの場合すぐ返事が来ない場合もありいくつかの会社とやり取りしていただくのもお勧めです。

      例えば最初の2か月で見れる家をすべて見て決めると設定していただくとご自身のモチベーションにもなりいいと思います。
      一方で私の周りの方(ツイッター等の情報も含む)ではやっと決まった方もいらっしゃるので6か月決まらないかもしれないというお考えも持っていただく必要もあります。
      住所が決まらないときのリスクを考えていただきそのときの対処法(日本の住所が伝えるのかなど)を日本に滞在されているうちに紹介させていただいてるブログ等に書かれていると思うので見ていただくとより安心かと思います。

      アムステルダムといっても地域によって家賃の値段や家の種類も違うのでブログで紹介した情報等を観ていただきながら日本にいらっしゃる時から探していただくとオランダに来ていただいてからよりスムーズかと思います。

      長くなりすみません。
      少しでもお役にたてれば嬉しいです。

      また何かありましたらお気軽に聞いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)