オランダ生活, オランダ語, お出かけ, 習慣

行きたいから行く!実践しながら学ぶ選択について

こんにちは!

オランダに住むなほこです。

今日は私が実際に行動しながら学んでいる選択について

書きたいと思います。

私の考え方ですが私なりの選択について紹介します!

スポンサーリンク


選択は自分で決める

25年間日本に住み2014年12月11日よりオランダに住み

今年の12月でオランダ丸5年となります。

今年30歳となったのですが常に選択をしてきました。

ただ

タイトルにあるように選択は自分で決めることが

最初からできていたわけではありません。

私が自分で決めることができるようになった意識や行動を

紹介できたらと思います。

選択できていなかった時

25年間の日本の生活で選択ということを常にしてきたのですが

意識として曖昧なところも多くありました。

勧められたからやってみたや

誰かと一緒にやったかや

決められていたから

等々

自分からやりたいが強かったわけではありませんでした。

その行動の変化がでてきたのが大学生の時です。

スポンサーリンク


 

自分で選択することを実践

大学生までは必要に応じて選択していけばよかったのですが

進学後の生活ではオリエンテーションが終わり

授業や部活動、課外活動の幅広さや

卒業を意識した単位取得と興味があるものの勉強など

優先順位なども必要となり

別の世界へ来たと当時思いました。

私の場合心理学に興味があったのと当時英語が必修だったこともあり

当時はまだ学部が1つだった

実践女子大学人間社会学部人間社会学科へ入学しました。

何を学びたいか、どこの大学へ行きたいのかを考えて

自分の人生に関わることを選んだ1つと言えます。

最優先事項は4年間で卒後業という意識の中で

4年間で公開がないような大学生活を送る意識をしていました。

結果単位は124単位取得すればよかった中で

178単位(教職に必要な単位を含む)を取得し

部活とサークル合わせて5つ所属していました。

部長もさせてもらいました。

大切にしていたことは自分がやりたいかどうかと

1人でもやってみるという意識です。

友達とできるなら楽しいに越したことはないですが

必ずしも一緒にできるわけではありません。

そのなかでも自分で行動することでそこでしかできない

経験をしてきました。

結果4年間で卒業できもう大学生活は戻れないと思えるほど

充実した4年間を送ることができました。

 

オランダ生活での選択

ここからはオランダに移住する選択と移住してからの選択について書きたいと思います。

すべての選択の結果がうまくいったわけではありませんが

すべての選択が今の私の良い学びと経験となっています。

オランダ移住を選択した理由

過去のブログでも書いていますが

私がオランダに移住した理由は現在の夫と一緒に住むためです。

人とより良い幸せを選んで移住を決意しました。

移住の理由は様々であり正解はないと思っています。

その中で私の場合は夫だったので

必要なことは準備をして

場合に応じて後から知りながら現在に至っています。

スポンサーリンク


自分の選択をより意識してみて

オランダに来てから自分の選択や自分の意見を求められる機会が多くなりました。

食事や行きたい場所(家での質問)から政治や社会、生活についての意見など(主にオランダ語での授業)

聞き返すと夫から

『なほこに聞いているんだよ』と言われることも多々ありました。

無意識に相手と同じでいいやという考えや

なんでもいいという考えがでてくると

それ以上考えなくて良いので楽だなと思っています。

それはそれで1つの考え方なのですが

自分の気持ちや意見を伝えることで我慢やストレスが減ることも確かです。

最近夫に私が思っている意見を伝えました。

正直

初めての喧嘩になるかもと思いました。

実際は話を聞いてくれて夫からも意見がでて

話し合いで終わりました。

伝えた後にもやもやがなくなりスッキリしたのを覚えています。

相手に伝えるときの勇気はいりますが伝える選択をしてよかったと思います。

行きたいから行くを実践してみて

このブログを書いているのは9月18日のオランダの午後なのですが

午前中にTaal Cafeというオランダ語を話すイベントへ参加しました。

以前何度か参加したことがあるのですが気持ちが進まなかったり

仕事の関係で行けないときが続き何となく行きたいと思いながら

今まで行けてませんでした。

行く・行かないを選べるとき行かない理由はすぐみつかりまね(汗)

今回の場合話す予定のテーマに興味があり参加しようと決めました。

テーマは17日がプリンセスデーで来年のオランダのファイナンスについて

王様が発表する日だったのでそれについての話でした。

ファイナンスの内容については事前に作成されており

王様は内容を発表される役割をされています。

行くと決めて参加してみて気持ちも高まり久しぶりにオランダ語も複数人の前で話し

緊張しながらも楽しむことができました。

1つ1つの選択の中で行く・行かないだけではないですが

選んだからこその行動があると思います。

そして

結果が自分にとってよくなかったとしても

選んだのが自分なので受け入れることも大切なことです。

今までしてきた選択は時として次の選択の助けにもなり

選択を惑わす記憶ともなります。

スポンサーリンク


 

これからも自分で選択していく

生きている中で選択することは続きます。

その選択が誰かに進められたことでも

誰かと一緒にすることでも

決めたのは自分という意識があるだけで

見える世界が変化すると実感しています。

選択は時として難しく

無理して決め続ける必要はないと思います。

選ばないことや保留もあります。

私自身自分のペースで選択しています。

ただ

選択するのは自分という意識だけは常に持っています。

時に迷いながらも自分で選択をしていきたいと思います。

 

最後に

今回は私が実践しながら学んでいる選択について書いてみました!

選択は常にあるとこながら曖昧なところや

選択後の後悔が生まれることもあります。

その中でも選択を自分でしている意識はとてもたいせつだと思い

今回書いてみました。

選択への意識は人それぞれで正解はないと思います。

私なりの軸をもって選択をこれからもしていきたいと思います!

 

オランダ情報発信しています!

オランダ生活の4年間をインタビューしてもらいました♡

note

オランダ人彼氏と暮らすため欧州移住!日本人女性Nahokoさんインタビュー

https://note.mu/aimiya121/n/nce4f1bcfc5f7

note

https://note.mu/nahoko775

パートナービザ取得の流れ
http://ameblo.jp/ibunkakouryu/entry-11980119268.html

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC8lnRuXGEnN21w3wBS8NhCA

ツイッター
https://twitter.com/Naho62?lang=ja

インスタグラム
https://www.instagram.com/nahoko775/?hl=ja

THE RYUGAKU
http://ryugaku.ablogg.jp/user/895/

タビテツマガジン
https://magazine.tabitatsu.jp/articles/author/nahoko_endo

過去のブログ

https://ameblo.jp/ibunkakouryu/

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)